*

ラングリッチ休会のご報告とその理由について

公開日: : 最終更新日:2014/02/04 ラングリッチ

今年1月31日からスタートしたラングリッチ
を一時的に休会することにしました。

休会する理由は、アウトプットの時間を減らして、インプット学習にもっと時間を割くためです。

英語学習はインプット(リスニング、リーディング)アウトプット(ライティング、スピーキング)に大きく2つに分けられ、最初はインプットからスタートして、徐々にアウトプットの実践に移っていくのが通常の学習スタイルだと思います。

でも、私はこれまでに何度も英語学習のインプットの段階で挫折してきたので、ショック療法になることを承知で、今回はアウトプットのスピーキングから英語学習をスタートさせました。2012年1月当時のTOEIC模試が200点台だったので正直かなり無謀…。

当然のことながら、ラングリッチのレッスンでは乏しいアウトプットしか出来ず、自分が情けなくなることが多かったですが、素敵な先生との出逢いのおかげもあり、オンライン英会話を楽しく7ヶ月間継続することができました。

英語アレルギーのショック療法として、いきなりオンライン英会話=スピーキングからスタートしたメリットは3つありました。

■英語学習をオンライン英会話から始める3つのメリット

1.英語への強い抵抗感が消える

フィリピン人のオンライン英会話の先生はとにかく優しいです。どんなに表現が乏しくても、生徒の話を必死で聞き取って、内容を汲み取って、想像して理解しようとしてくれます。そして本当にちょっとしたことでも大袈裟に誉めてくれます。私はラングリッチで学校教育の場では体験したことのなかった【英語を話す喜び&楽しさ】を知りました。
そして、親切で実力のある先生がチャットボックスで送ってくれる英文をベースに、Lang-8で英語日記を書くことにも挑戦しました。(書くこともアウトプットの学習にあたりますね。)この場でも、異国の語学学習者の方達との交流から【英語で書く喜び&楽しさ】を知ることが出来ました。

2.英語学習が習慣化できる

ラングリッチのレッスンをベースに英語学習をすることが習慣になりました。
そこに義務感や強制力はなく「やりたいからやる」という欲求をベースに学習を進められるようになれたのは、自分にとって大きな変化でした。

3.もっと英語を学びたいという願望を強化できる

私は元々持っている資質的(※1)に、「話すこと」と「書くこと」が大好きなので、自由に使いこなせない英語という言語でも、「話すこと」と「書くこと」は全く苦になりませんでした。そして、ヘタクソながらも、それらを継続していくうちに、好きだからこそ、もっと上手にできるようになりたいという欲が出てきました。私にとってはこの「3番目のメリット=願望の強化」が、英語学習において一番よい影響を与えてくれたと感じています。

その理由を「英語学習」と共通点が多い「料理」を例にとって、説明していきますね。
実は、英語、料理をマスターする手順はとても似ています。

■英語学習と料理の共通点

■英語で新しい表現をマスターする手順

1.様々な単語を覚える
2.単語を文章でどう使うのか知る
3.文法ルールをマスターする
4.何パターンも英作文してみる。
5.自分に感情に即した表現をする訓練 → 自分らしい生きた英語をマスター

■料理で新しいレシピをマスターする手順

1.様々な素材があることを知る
2.素材の特性と使い方を知る
3.レシピの詳細な調理手順を知る
4.何度も試作をする
5.自分流を加えアレンジする → オリジナルレシピの完成

冷蔵庫にある食材や調味料が、卵、米、少々の野菜、味噌、塩、砂糖、醤油しかなかったら作れる料理は限られています。→ゆで卵、目玉焼き、卵焼き、白米、野菜炒め、味噌汁…etc。材料を増やさない限り、同じ料理を作り続けるしかありません。

私の英語学習は、まさにそんな状態に陥っていました。

オンライン英会話で自己紹介や自分にまつわるほんの少しの話をするのは、多少慣れて上手になってきたし、新しい先生ばかりを選んで受講していれば、毎回「いいね!」って誉めてもらえます。でも、毎回似たようなレベルの繰り返しじゃ、さすがに飽きてきてしまいます(笑)

今の私に必要なのは、いつも同じ味の簡単な料理に対して「美味しい」と誉めてくれる人ではなく、「新しいことにもっと挑戦しなさい」と鼓舞してくれる人達だと感じています。

実は、約1ヶ月ほど前から、ラングリッチと平行して、プライベート英会話レッスンを週5~6回、毎回1時間受講していました。毎回違う先生を選択できるラングリッチと違って、プライベートレッスンでは同じ先生なので、私の成長度合いの誤魔化しがききません。私自身が新しい材料を仕入れ、新しいことに挑戦しないと、先生を退屈させてしまいます。

【料理は周りの人とHappyを分かち合うためにある】

これは、私自身のモットーです。
料理は一人で作って食べてるだけじゃつまらない。せっかく一緒に食べる人がいてくれるなら、その人を笑顔にする美味しくてHappyな料理を作りたい。私はいつもそう考え、それを実行しています。私が楽しく新しい料理を学んでいけるのは、それが周りの人をHappyにすることが過去の経験からわかっているからです。

最近、英語もこれと全く同じだと思うようになりました。


【英語は周りの人とHappyを分かち合うためにある】

私は、英語を使って私と同じ時間を過ごしてくれる人達に退屈な思いをさせたくない。せっかく一緒に時間を過ごすなら、その人をもっと楽しませたり、笑顔にすることができるHappyな英語を使いたい。そのためには、今は、新しい材料(語彙)とレシピ(文法)を仕入れてることを優先する必要があります。なぜなら、私の冷蔵庫には材料がほとんど入っていないからです…。

■英語学習の順番は自分で決める

今まで、インプット学習からスタートして何度も挫折していたのは、その材料で何が出来るのか、それが自分の周りにどんな影響を与えるかが全くイメージできなかったからだと思います。でも、今回は挫折しない自信があります。それは、インプットした先にもっと楽しい世界があることを具体的にイメージできており、その世界へ飛んで行きたいという強い願望があるからです。

「英語学習の効率的な手順」は確実に存在しています。
基本はインプット→アウトプットです。

でも、過去に何度もインプットに挫折してきた人は、私と同じようにアウトプットのHappyなイメージができていないのが原因かもしれません。一番の遠回りは、学習をやめてしまうことだと思うので、順番なんか気にせずに、思い切って先にアウトプットの世界に飛び込んでしまうことで、インプットの動機付けをするのは、決して悪い方法ではないように思います。ラングリッチでの体験は、あなたに強烈な英語を学ぶ動機を与えてくれると確信しています。

私にそんなHappyな世界をイメージさせてくれたラングリッチには、とても感謝しています。本当にありがとうございました。インプット強化に時間を注ぐためにラングリッチを一旦休会しますが、成長した姿で戻って、沢山の先生達と英語でHappyを分かち合う会話ができたらと思っています。

今後もプライベートの英会話レッスンや英語学習は続けますし、情報発信もTwitter(@Aiminmin)やこのブログを通じて行っていきますので、どうぞよろしくお願いします!



スポンサーリンク

関連記事

記事はありませんでした

スポンサーリンク

Comment

  1. Ihsan より:

    Okay I’m convinced. Let’s put it to atcion.

オンライン英会話の教科書
嬉野克也さんの『オンライン英会話の教科書』が発売されました!

  こんにちは。 本日は2013年8月24日に発

第181回(2013年6月23日)のTOEIC結果

  こんにちは。お久しぶりです。 第181回(201

1年ぶり2度目のTOEIC受験

こんにちは。 久々のブログ更新です。 2013年3月17日(日

Long time no see.

Hi, Guys. Long time no see. H

英作文で語彙定着:003(tender, garnish , adorable他)

毎朝のプライベート英会話レッスンで出てきた単語、作った文章、 自分で

→もっと見る

  • 2012/03 370(L260 R110)
    2013/03 365(L225 R140)
    2013/06 465(L260 R205)
    2013/07 445(L285 R160)

PAGE TOP ↑