*

School Days with a Pig/ブタのいた教室

公開日: : 最終更新日:2012/08/06 英語で映画を紹介してみる , , ,

Today, I want to introduce the movie “School Days with a Pig.”

ブタがいた教室 (通常版) [DVD]

ブタがいた教室 (通常版) [DVD]

http://en.wikipedia.org/wiki/School_Days_with_a_Pig

The film revolves around the story of an elementary school teacher who proposes that his class raise a piglet at school with the aim of eating it once it has grown up.

They talked about giving the pig a name.
If they were to give the pig a name, then it means that they are not going to eat the pig.

The pig will become their pet.
But if they do not give the pig a name, the pig is just a pig and they will eat it.

They named the Pig “P”.
“P”‘s nickname is “P-chan”.

■Japanese nickname have many variation
NAME + CHAN
NAME + SAN
NAME + KUN

Every day, the teacher and the students fed P-chan.
When P-chan grew big and ready to be eat, the teacher and the students discussed if they should eat the pig.

Some of the students felt pity for P-chan.
But other students think that they should eat the pig during the graduation celebration.

They discussed for a long time.

Students opinion:
-Food is vital for human existence.
-We must bring P-chan to the butcher shop.
-Length of life, who decide?

What will be the final outcome?
Please check out this movie.

what lessons can we learn from the movie School Days with the Pig?

In my opinion:
We don’t have a big enough supply of food because of the growing population.
In other countries, people are starving.
In this movie, it tells us to share food with other people.
And we should not waste food because others do not have any food to eat.
If we share our food, it is enough to feed the whole world.
Human being’s selfish ways of life create a lot of problems and difficulties.
When small problems pile up, people create war.

I’m going to keep thinking about this subject.

【日本語の日記】

今日は、”ブタがいた教室”という映画を紹介したいと思います。

http://en.wikipedia.org/wiki/School_Days_with_a_Pig~~V

この映画は、小学校の先生の「クラスでブタを食べることを目的として育てよう」という提案を中心にストーリーが展開されます。

彼らは豚に名前を与えることについて話しました。
豚に名前を付ける場合は、この彼らは豚を食べないことを意味します。
豚は彼らのペットになります。
豚に名前を付けていない場合、ブタはブタであり、彼らはそれを食べることを意味する。

彼らは、ブタに “P”と名付けました。
“P”は”のニックネームは” Pちゃん”です。

■日本のニックネームは、多くのバリエーションを持っている
NAME+ CHAN
NAME+ SAN
NAME+ KUN

毎日教師と生徒は、Pちゃんにえさを与えて育てました。

Pちゃんが大きく成長し食べる準備ができた時、
彼らは豚を食べる必要があるのか、教師と学生とで議論した。

学生の何人かは、Pちゃんに同情していました。
しかし、いくつかの学生は卒業のお祝い時に豚を食べるべきと言った。

彼らは長い時間議論しました。

学生の意見:
-食品は、人間の存在のために不可欠です。
-我々は肉屋にPちゃんを連れて行く必要がある。
-命の長さは、誰が決めるの?

結末はどうなるでしょうか
このムービーをチェックしてください。

我々は、「ブタがいた教室」から何の教訓を学ぶことができますか?

私の考えでは:
我々は人口増加に伴い十分な食糧の確保が難しくなってきている。
他の国では人々が飢えている。
この映画では、他の人々と食べ物を共有することを教えてくれます。

他の人が食べる食べ物を持っていないのだから、私たちは食べ物を無駄にしてはいけません。
もし、私たちが持っている食べ物をシェアしたならば、それは全世界に供給するのに十分です。

人々の利己的な方法は、多くの問題や困難のつくります。
小さな問題が積み上げたときに、人々は戦争を作り出します。

私はこの主題について考え続けるつもりです。

スポンサーリンク

関連記事

Helter Skelter/ヘルタースケルター

Finally, the best-selling manga "Helter Skelte

記事を読む

Unfaithful/浮気

タイタニック 3D・2Dブルーレイ スペシャル・エディション(4枚組) There

記事を読む

スポンサーリンク

オンライン英会話の教科書
嬉野克也さんの『オンライン英会話の教科書』が発売されました!

  こんにちは。 本日は2013年8月24日に発

第181回(2013年6月23日)のTOEIC結果

  こんにちは。お久しぶりです。 第181回(201

1年ぶり2度目のTOEIC受験

こんにちは。 久々のブログ更新です。 2013年3月17日(日

Long time no see.

Hi, Guys. Long time no see. H

英作文で語彙定着:003(tender, garnish , adorable他)

毎朝のプライベート英会話レッスンで出てきた単語、作った文章、 自分で

→もっと見る

  • 2012/03 370(L260 R110)
    2013/03 365(L225 R140)
    2013/06 465(L260 R205)
    2013/07 445(L285 R160)

PAGE TOP ↑