*

私が英語学習の三日坊主を卒業できた5つのルール

公開日: : 最終更新日:2014/01/14 英語学習のコツ , , ,


Togetterで1万ビューを超えたまとめを再編集して掲載します。

過去に何度も英語学習の三日坊主を繰り返してきた私ですが、今回は英語学習を二ヵ月半(2012年4月現在)続けられています。
三日坊主だった過去と、学習を継続できている今とでは「英語学習への取り組み方」に大きな違いがあります。今からその違いを「私が英語学習の三日坊主を卒業できた5つのルール」として書いていきます。

1:英語学習することを周りに宣言

以前は、英語学習を一人でひっそり始めて、こっそりやめてました。
でも、今回は「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」 の著者である@HAL_Jさんと、英語学習を2年継続してAクラス入りを果たしている@self_agendaさんに実際にお会いして「英語勉強します」と宣言。絶対に逃げられない状況を自分で作りました。
さらに、会社の人や友人達にも英語を勉強中であることを伝えています。

目標を人に言うことについては賛否両論ありますので、「有言実行がいいのか?無言実行がいいのか?」迷っている方は、ぜひこちらの動画を参考にしてみてください。

デレク・シヴァーズ 「目標は人に言わずにおこう」

 

2:具体的な目標を立てる

以前は「英語話せたらいいな~」と思うだけで何もしていませんでした。
でも、今回は現状把握をした上で、いつまでにどんな状態になっていたいか目標を立てています。
まず現状把握。1月に家で実施したTOEIC模試は300点以下(正確には250点ほどでした…ヒドイ)。
3月に受験したTOEICは370点。
年内の目標は600点。
来年はAクラス(860点over)入りを目指しています。

 

3:英語を学習する仲間をみつける

以前は一人でこっそりやろうとしていたので孤独でしたし、勉強をやめるのも簡単でした。
でも、今回はTwitterをキッカケに知り合った英語学習者の方達がいます。
役立つ情報を共有してもらったり、励ましてもらったり、本当に助けられています。
この場を借りてお礼を言わせてください。
「ありがとうございます!これからもよろしくお願いします^^」

ちなみに、私はTHE SHAREというシェアハウスに住んでいるのですが、その中でも一緒に英語を勉強する仲間を作りました。会ったときに「ちゃんと勉強やってる?」って声をかけあうだけでも刺激になります。

 

4:英語学習を続けた先のイメージを具体的にする

以前は、英語を話せる人と自分との間には高い高い壁があるように感じていました。高い壁の前で2~3回ぴょんぴょん飛び跳ねただけで「やっぱり私には無理だ」とあっさりとあきらめていました。

でも今回は、私の何歩も先行く師匠の@HAL_Jさんや、優しく応援してくれる兄貴的な存在の@self_agendaさん、@yuu_keyさんの過去の英語学習体験談を読んだり、実際に話を聴いたりして、脳の中のイメージを描き換えました。

『初心者と上級者の間にあるのは、高い壁ではなく長い長い階段』英語上級者の人にも初心者の時代があり、一歩一歩進んできた結果として”英語を使える今”があることを胸に強く刻みました。
そして、自分自身も一歩ずつ進んでいけば、いつしか同じ場所にたどり着けることを心の底から信じることにしました。今、ご紹介した3名の英語学習の軌跡はWEB上で読むことができます。

@HAL_Jさん

・公式サイト「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」

@self_agendaさん

・ブログ「アラフォーで英語学習を始めたself_agendaのブログ」
TOEICで890点を取るまで、何をしてきたかをまとめました。
英語学習を継続できている理由・その1「動機」
英語学習を継続できている理由・その2「Twitter」

@self_agendaさんが執筆したオンライン英会話の活用法が本になりました。要チェックです。

@yuu_keyさん

・ブログ「Learn by doing -習うより、慣れろでブログ始めました-」
人生を変えた、TOEICスコア
英会話で英語以外に学んだこと
はじめてのオフ会

外資系企業で英語を使って仕事をしてきた@yuu_keyさんさんの今がつづられている現サイトも必見です!
「Learn by doing「これから」のネットとCommunity」

今、ご紹介したリンク先の記事を読むだけで英語学習のやる気がみなぎってくるはずですので、ぜひぜひ読んでみてください♪

 

5:楽しいことを軸にして勉強する

以前は「英語学習本」を何冊も読み、その中でオススメされていた本をやみくもに買い漁った挙句、1ページも開かない積読の山をつくり、ため息をついていました。「英語学習=やらなきゃいけない事(苦行)」になってしまっていました。

その反省を踏まえて、今回は最初から「楽しい」を基準に学習方法を選ぶことにしました。過去に何度も挫折してきた、机に座って本や問題集とにらめっこする勉強方法はまず排除して、実際に「英語で話すこと」からスタート。

TOEIC300未満の実力で、無謀なのは百も承知でオンライン英会話ラングリッチを1/31から開始。最初のレッスンの結果は散々でしたし、過去のレッスン中にあまりに話せなくて涙したこともあります(笑)
今も単語しか出てこないし、スムーズな会話には程遠いけど、とにかく楽しいんです♪
この「楽しい!」という感情を揺さぶってくれるラングリッチでのレッスンを軸にして学習範囲を少しずつ広げています。

ラングリッチレッスンにて(その1)
「知ってる簡単な単語なのに、先生に全然通じない…(´・ω・`)」
→「そっか。発音って大事だな。練習しよう。」
→「あ!今回は通じた!褒められた!楽しい!嬉しい!もっとやろう!(っ´∀`c)」

ラングリッチレッスンにて(その2)
「単語がわからないから、言いたいことが全然言えない…(´・ω・`)」
→「単語を覚えたい!」
→「おっ!iknow!というアプリが自分には合ってそう!」
→「ゲームみたい!楽しい!毎日1時間半やろう!(っ´∀`c)」→継続中

こんな感じで、「楽しい」から生まれる動機は「やらなきゃいけないこと(苦行)」ではなく「やりたいこと」です。この違いは大きい。オンライン英会話のような生きた英語を使う場を作ること(=楽しい体験をすること)で、発音や単語以外にも、学びたいことが次々と出てきます。

感情を揺さぶられる実体験から必要性を強く感じて、やることを自分自身で選ぶと動機が強固になります。つまり、挫折しにくいです。
英語学習は楽器の習得やスポーツと一緒で継続が何よりも大事。効率も大事だけど、「やめない」ことが何よりも重要。そのために「楽しい」を優先して内的な動機づけをしましょう^^

過去に英語学習(もしくは他のなにか)で挫折した体験をして、自信を喪失している方は、他人から与えられた義務や型や枠をいったん手放して、自分の心の声が求めること=「楽しいこと」をやってみるといいのではないかと思います。

人によって「楽しい」の基準は違いますよね。「英語で映画やドラマを観る」「洋楽を聴く&歌う」「英語で書かれた本を読む」「実際に英語で人と話す」「海外旅行をする」…etc…。人によって「楽しさ」が違うんだから、「学び方」だって違っていいはず。

「勉強方法がおかしい」「勉強する順番が間違ってる」「勉強の効率が悪い」等、人の勉強方法を正そうとする人が現れても「私のやり方、おかしいのかな…?(;;)」って不安に思う必要は全くないです。自分の「楽しい」から派生する勉強方法が、一番自分に合っていて「続けられる」はずですから。

『私が英語学習の三日坊主を卒業できた5つのルール』は以上となります。
私はまだまだ初心者ですが、これからも英語学習を『楽しく』『続けて』いきますので、今後ともよろしくお願いします!

photo by: scui3asteveo

スポンサーリンク

関連記事

Effective way of learning Englsh/英語学習の効果的な方法

This is my English teacher's advice: It is

記事を読む

初心者でも出来る!英語力がグングン伸びる英語日記の書き方

英語で日記を書いてみる―英語力が確実にUPするposted with ヨメレバ石原 真弓 ベレ出版

記事を読む

スポンサーリンク

オンライン英会話の教科書
嬉野克也さんの『オンライン英会話の教科書』が発売されました!

  こんにちは。 本日は2013年8月24日に発

第181回(2013年6月23日)のTOEIC結果

  こんにちは。お久しぶりです。 第181回(201

1年ぶり2度目のTOEIC受験

こんにちは。 久々のブログ更新です。 2013年3月17日(日

Long time no see.

Hi, Guys. Long time no see. H

英作文で語彙定着:003(tender, garnish , adorable他)

毎朝のプライベート英会話レッスンで出てきた単語、作った文章、 自分で

→もっと見る

  • 2012/03 370(L260 R110)
    2013/03 365(L225 R140)
    2013/06 465(L260 R205)
    2013/07 445(L285 R160)

PAGE TOP ↑